「W」タグの記事一覧

英語で、「どちらまで?」と言おう。

“Where to?”は、Where do you go?やWhere to go?の略ですね。
toはあるところへ向かう時に使いますね。

英語で、「水が出ない。」と言おう。

“There is no water.”は、「物がない。」「動いていない。」という意味で使いますね。「お湯が出ない。」「水が出ない。」なんていうときによく使われます。

英語で、「これ動いていない。」と言おう。

“It’s not working.”は、「これ、機能していない。」という意味で使いますね。
「このエアコン、動かない。」「これ、電源が入らない。」なんていうときによく使われます。

英語で、「私は何てことをしてしまったんだ。 」と言おう。

“What on earth I have done!”は、直訳すると「地球上の何をやっているんだ。」ですね。でもこれだとわけわからないですね。
このWhat on earthは驚きや怒りなどを表現する時に使いますね。

英語で、「そう言う意味じゃないよ。」と言おう。

“That’s not what I mean.”は、「それは、私が意味したことと思うか?」という意味ですね。よく使う状況としては、「そういう意味じゃないよ。」「間違って理解しているよ。」といった感じですね。

英語で、「俺はそれでいいよ。」と言おう。

“That’s fine with me.”は、「俺はそれでいいよ。」という時に使いますね。It’s OK. でもいいと思いますが、いつもOK!ばかりだとマンネリになってしまいますね。

英語で、「一緒にやらない?」と言おう。

“Won’t you join us?”「一緒にやらない?」は相手に対して、お誘いする言い方ですね。「一緒にやりますか?」よりさらにていねいです。
「xxしますか?」より、「xxしませんか?」の方が
何かていねいで 聞こえませんか?覚えましょう。

英語で、「何だと思う?」と言おう。

“Guess what?”「何だと思う?」は、相手がどんな風に思っているのか、
確認する時に使ってみるといいですね。同じような文例で
“You know what?”
なんかがあります。覚えましょう。

英語で、「喜んで。」と言おう。

I’d be happy to.喜んで。 Thank you.ありがとう。    

英語で、「何時に日本を出発するの?」と言おう。

What time do you leave Japan?何時に日本を出発するの? I leave here at 10 o’clock.10時に出発するよ。    

サブコンテンツ

このページの先頭へ