「S」タグの記事一覧

英語で、「どうすればいいの?」と言おう。

“How should I do?”は、「どうすればいいの?」と相手に尋ねる時に使います。
「いったい、どうしたらいいの?」みたいな気持ちの時に使うと良いですね。

英語で、「鋭い痛みです。」と言おう。

“I have a sharpe pain.”は、鋭い痛みです。」と相手に自分の腹痛を訴える時に使います。

英語で、「胃が痛い。」と言おう。

“I have a stomachache.”は、「胃が痛い。」と相手に自分の腹痛を訴える時に使います。
「胃が痛い。」は、“I have a stomachache.”“I have got a stomachache.” でもいいですね。

英語で、「ひどいの?」と言おう。

    Is it serious?ひどいの? No, it isn’t.いいえ。        “Is it serious?”    ↓こちらが、音声ファイルです。 Is_it_serious-.mp3   英語で、・・・

英語で、「では、後ほど」と言おう。

“See you then.”は、「では、後ほど」と相手に伝える時に使いますね。See you. は別れ際に言う文句としてご存知だと思います。See you.の後に何をつけるかでいろいろな会うタイミングを約束することができます。

英語で、「私、何か変なこと言った?」と言おう。

“Did I say something wrong?”は、「私、何か変なこと言った?」と相手に聞く時にに使いますね。
自分の言ったことに対して、相手が首をかしげたり、腑に落ちない感じならこんな感じで聞いてみましょう。

英語で、「そう?」と言おう。

“Is that so?”は、「そうなの?」と相手に聞き返す時や確認する時に使いますね。
日本語の「そう」と英語の“So”は発音と意味が同じです。だから、抵抗なく覚えられますね。

英語で、「いいね。」と言おう。

“It sounds good.”は、「いいね!」と強調して言う時に時に使いますね。
Goodの「いい。」をさらに強調して、「それ、すごいいいね!」という感じに使います。

英語で、「ジョギングを始めたよ。」と言おう。

“I’ve started jogging.”は、「このジョギングを始めたよ。」と自分の自己紹介や通常会話で自分の趣味を伝える時に使いますね。I start joggingでは、「これから、ジョギングをやる」という意味になります。

英語で、「2階にあります。」と言おう。

“It’s on second floor”は、「2階にあります。」と、場所を教えてあげる場合に使います。単に”Second floor”だけでも通じますが、onを使ってあげると、「それは、この階にあります」とていねいに伝わります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ