「F」タグの記事一覧

英語で、「ちょうど仕事が終わったところです。」と言おう。

“I have just finished work.”は、「ちょうど仕事が終わったところです。」と相手に完了したことを伝える時に使います。
“have just finished”は「ちょうど終わった。」という意味ですね。

英語で、「もう終わりにしよう。」と言おう。

“Let’s finish up.”は、「もう終わりにしよう。」と相手に提案する時に使います。
“finish”は「終わった?」というときによく使いますね。

英語で、「あなたの都合が良い時に」と言おう。

“When are you free.”は、「あなたの都合が良い時に」と相手に聞く時に使いますね。
ふつうは、最後に”?”をつけて「いつなら空いてますか?」と相手の都合を聞く時に使いますね。

英語で、「いつなら空いてる?」と言おう。

“When are you free?”は、「いつなら空いていますか?」と相手の予定を聞く時に時に使いますね。
ある程度中の良くなった友人同士なら、よく使う言葉ですね。

英語で、「これあなたに。」と言おう。

“This is for you.”は、「これあなたのために。」という意味ですが、いろいろな場面でつかえます。例えば、仕事をやった後。食事で、とりわけしたものを「これあなたの分です。」みたいなときです。

英語で、「2階にあります。」と言おう。

“It’s on second floor”は、「2階にあります。」と、場所を教えてあげる場合に使います。単に”Second floor”だけでも通じますが、onを使ってあげると、「それは、この階にあります」とていねいに伝わります。

英語で、「そこは遠いの?」と言おう。

“Is it far?”は、行きたいところや、何か場所のことで話題が出た時に「それって遠いの?」「近いの?」と確認する時に使いますね。

英語で、「ホテルの正面です。 」と言おう。

“It faces the hotel.”は、直訳すると「それは、ホテルに対面している。」ですね。
だから、ホテルの正面にあるということになるんですね。これは、何か問題に直面しているときにも使えますよ。

英語で、「気分が悪いです。」と言おう。

“I feel sick.”は、気分がすぐれない時に使ってください。日本人は、”How are you?”と聞かれたら、“I am fine, thank you.”と答えると聞きましたが、気分の悪い時ははっきり言えるように覚えておきましょう。

英語で、「俺はそれでいいよ。」と言おう。

“That’s fine with me.”は、「俺はそれでいいよ。」という時に使いますね。It’s OK. でもいいと思いますが、いつもOK!ばかりだとマンネリになってしまいますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ