「What」タグの記事一覧

英語で、「それは話が違うよ。」と言おう。

“That’s not what you said.”は、
 
「それは話が違うよ。」
と相手に主張する時に使います。

相手が何か約束をしたのに、言ったことと
異なることを言った場合に主張するようにしましょう。

英語で、「なんて美しい景色なんだ。」と言おう。

“What a beautiful scene!”は、
 
「なんて美しい景色なんだ。」
と相手に自分の感動を伝える時に使います。

すごくキレイと言うことを、
驚くように大袈裟に言ってみよう。

英語で、「何て言ったの?」と言おう。

“What did you say?”は、「何て言ったの?」と聞き返す時に使います。
相手の言ってくれたのに聞こえなかった。そんな時に使いましょう。

英語で、「何を考えてるの?」と言おう。

“What are you thinking of?”は、
 
「何を考えてるの?」と聞く時に使います。
  

相手がどのように、何を考えているのか
わからない時に遠慮なく聞いてみましょう。

英語で、「生計を立てるために何をされてますか?」と言おう。

“What do you do for living?”は、
「生計を立てるために何をされてますか?」と聞く時に使います。
話し相手の職業が気になったら聞いて見ましょう。

英語で、「スキャナはどの階にありますか?」と言おう。

“What floor is scanner on?”は、「スキャナはどの階にありますか?」と物の所在を確認する時に使います。
この話し方がわかると、いろいろと分からないことを聞くことができます。

英語で、「どうかしたの?」と言おう。

“What’s wrong with you?”は、「どうかしたの?」と相手に尋ねる時に使います。
「何か、マズいことあったの?」みたいに聞く感じですね。

英語で、「(それで、)何かあった?」と言おう。

“What happened next?”は、「(それで、)何かあった?」と相手に伝える時に使います。
「今聞いたことはわかった。」「それで、その後は?」と続けて相手に尋ねる時に使うと良いですね。

英語で、「何かあったの?」と言おう。

“What happened to you?”は、「何かあったの?」と相手に伝える時に使います。
「あなたに一体何があったの?」「何が起きたん?」1 と聞く時に使うと良いですね。

英語で、「私は何てことをしてしまったんだ。 」と言おう。

“What on earth I have done!”は、直訳すると「地球上の何をやっているんだ。」ですね。でもこれだとわけわからないですね。
このWhat on earthは驚きや怒りなどを表現する時に使いますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ