「What」タグの記事一覧

英語で、「何を考えてるの?」と言おう。

“What are you thinking of?”は、
 
「何を考えてるの?」と聞く時に使います。
  

相手がどのように、何を考えているのか
わからない時に遠慮なく聞いてみましょう。

英語で、「生計を立てるために何をされてますか?」と言おう。

“What do you do for living?”は、
「生計を立てるために何をされてますか?」と聞く時に使います。
話し相手の職業が気になったら聞いて見ましょう。

英語で、「スキャナはどの階にありますか?」と言おう。

“What floor is scanner on?”は、「スキャナはどの階にありますか?」と物の所在を確認する時に使います。
この話し方がわかると、いろいろと分からないことを聞くことができます。

英語で、「どうかしたの?」と言おう。

“What’s wrong with you?”は、「どうかしたの?」と相手に尋ねる時に使います。
「何か、マズいことあったの?」みたいに聞く感じですね。

英語で、「(それで、)何かあった?」と言おう。

“What happened next?”は、「(それで、)何かあった?」と相手に伝える時に使います。
「今聞いたことはわかった。」「それで、その後は?」と続けて相手に尋ねる時に使うと良いですね。

英語で、「何かあったの?」と言おう。

“What happened to you?”は、「何かあったの?」と相手に伝える時に使います。
「あなたに一体何があったの?」「何が起きたん?」1 と聞く時に使うと良いですね。

英語で、「私は何てことをしてしまったんだ。 」と言おう。

“What on earth I have done!”は、直訳すると「地球上の何をやっているんだ。」ですね。でもこれだとわけわからないですね。
このWhat on earthは驚きや怒りなどを表現する時に使いますね。

英語で、「そう言う意味じゃないよ。」と言おう。

“That’s not what I mean.”は、「それは、私が意味したことと思うか?」という意味ですね。よく使う状況としては、「そういう意味じゃないよ。」「間違って理解しているよ。」といった感じですね。

英語で、「何だと思う?」と言おう。

“Guess what?”「何だと思う?」は、相手がどんな風に思っているのか、
確認する時に使ってみるといいですね。同じような文例で
“You know what?”
なんかがあります。覚えましょう。

英語で、「何時に日本を出発するの?」と言おう。

What time do you leave Japan?何時に日本を出発するの? I leave here at 10 o’clock.10時に出発するよ。    

サブコンテンツ

このページの先頭へ