「L」タグの記事一覧

英語で、「もう終わりにしよう。」と言おう。

“Let’s finish up.”は、「もう終わりにしよう。」と相手に提案する時に使います。
“finish”は「終わった?」というときによく使いますね。

英語で、「長い一日だった」と言おう。

“It’s been a long day.”は、「長い一日だった」と相手に今日一日の所感を伝える時に使います。
「今日は、忙しかった。」だから、「長い一日だった。」と言えますね。

英語で、「また遅れてきたね。」と言おう。

“You are late again.”は、「また遅れてきたね。」と相手を指摘する時に使います。
“You are late”は、プライベートや仕事でも使うことができるのでぜひ覚えましょう。

英語で、「具合悪そうだね。」と言おう。

「具合悪そうだね。」と相手に聞く時に使います。
相手の体調が悪いそうに感じた時、さり気なく聞いてあげましょう。

英語で、「みんなで楽しもう。」と言おう。

“Let’s enjoy ourselves.”は、「みんなで楽しもう。」と皆に提案する時に使います。
Let’s enjoy.は不特定な人に言いますが、今回の例文では、その場にいる人たちが対象になりますね。

英語で、「さあ、行きましょう。」と言おう。

“Let’s get going.”は、「さあ、行きましょう。」と相手に伝える時に使いますね。
あなたが知っている言葉としてはLet’s go!ですね。Shall we go?なども同じ意味です。

英語で、「遅すぎる?」と言おう。

“Is it too late?”は、「遅すぎる?」と相手に伝える時に使いますね。「これでいい?」「遅いかな?」
など、疑問に思ったら聞いてみよう 。

英語で、「キャッチボールをしよう。」と言おう。

“Let’s play catch.”は、「キャッチボールをしよう。」
という意味ですが、日本語とは随分と
言い方が異なりますね。

英語で、「見ているだけです。」と言いたい。

“I’m just looking.”は、そのままの意味ですね。「ちょうど見ているところ。」
という意味です。良く使う状況としては、旅行先のお土産屋で定員に声をかけられた時ですね。

英語で、「バスはいま出たところです。」と言おう。

“The bus has left.”は、バスを乗り過ごした人に使うと良いですね。「いま出たところだよ。」は、よく使うことありますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ