英語で、「悪いのは誰なんだ?」と言おう。

 

 

Whose fault is that?
悪いのは誰なんだ?

It’s my fault.
私の責任です。

  

 

  

“Whose fault is that?”

  

↓こちらが音声ファイルです。

 

 Whose_fault_is_that-.mp3

 

英語で、「悪いのは誰なんだ?」と言おう。

 

シンガポールで覚えた英会話
こんな言い方だ。覚えよう!
 
 

今日の英会話はこんな感じ!!

 
——————–

“Whose fault is that?”
(フーズフォルトイズザッ)
「悪いのは誰なんだ?」

——————–

 
どうも、 シンガポールを旅したい

ならごまに聞け! 
アジア英語マイスター”ごま”です。 

  
今日の記事を読むとあなたは英語で 

「悪いのは誰なんだ?」

と言うことができます。

 
 
準備はいいかい?? 
Whose fault is that? 
 
OK! 
 
では、行きましょう!! 
Here we go !! 

 

 

スポンサードリンク


 

 

覚えるための3ステップ

 

 
次の3ステップで、あなたは英語で 

「悪いのは誰なんだ?」

言うことができます。
 

 

ステップ1:英文を書き出す。 

 

 
「悪いのは誰なんだ?」
の文を書き出す。
 

“Whose fault is that?”
「悪いのは誰なんだ?」
(フーズフォルトイズザッ)

  

ステップ2:暗唱しよう。

 

 
暗唱しよう。 

 
発音を正確に覚えたい場合、 
音声を聞いて繰り返す。 

 

“Whose fault is that?”
「悪いのは誰なんだ?」  

 

ステップ3 : 実際に発音してみる。

 

実際に声に出して発音してみよう。 

 

  20170808

 

 

 

この記事にあるよ。聴いてみよう。 

 
音声をこのブログに載せているので 
練習に使ってくださいね。 
 
今日の例文は、最新記事に載ってるよ! 
 

英語で、「悪いのは誰なんだ?」を”Whose fault is that?”と言おう! 
https://yume-koubo.net/englisheasy/whose-fault-is-that/

 

他にあるこんな言い方、使い方。

関連する記事です。

参考にしてください。

   

 

 

 

あとがき

 
“Whose fault is that?”
は、
 
「悪いのは誰なんだ?」
と相手に攻めるように言う場合に使います。

だれなんだ?と責任を問いただしたい時によく使われます。

ただ、あまり強い口調で言わない方がいいですね。 

覚えましょう。

 
まずは、 

悪いのは誰なんだ?
の文を書き出す。
 
からやってみよう!! 

   

いいね!・シェアしていただけますと、
励みになります。
  

Let’s challenge!! 
 

では。 
See you next time!!

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ無料レポート!

寝言も英語になる!!
1日15分で英語を話せるようにしよう。
簡単英会話の勘どころ
著者:合摩吉和(ごま)

「異国の地で英会話ができなくて孤独感を持っていた私が、1日15分の簡単な学習で12か月に日常会話ができて、寝言も英語で話すようになった方法」

こちらの無料レポートをダウンロードいただきました方は、 私、ごま(メールマガジン発行者)によってメールマガジン「簡単英会話の勘どころ」 に代理登録させていただきます。


*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 

このページの先頭へ