寝言も英語になる!!
1日15分で英語を話せるようにしよう。
簡単英会話の勘どころ
著者:合摩吉和(ごま)

「異国の地で英会話ができなくて孤独感を持っていた私が、1日15分の簡単な学習で12か月に日常会話ができて、寝言も英語で話すようになった方法」

こちらの無料レポートをダウンロードいただきました方は、 私、ごま(メールマガジン発行者)によってメールマガジン「簡単英会話の勘どころ」 に代理登録させていただきます。


*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 



英語で、「これは何て呼ばれてる?」と言おう。

“What’s it called?”は、
 
「これは何て呼ばれてる?」
と相手に確認することに使いますね。

日本語で意訳すると

「何て言うの?」

で良いかもしれませんね。

英語で、「これは何のにおい?」と言おう。

“What’s that smell?”は、
 
「これは何のにおい?」
と相手に確認することに使いますね。

何か得たいのしれない匂いの場合に
“that”を使いましょう。

英語で、「約束するよ。」と言おう。

“I promise.”は、
 
「約束するよ。」
と相手に次回の予定を確約するときに使います。

子どもと会話すると、こんな会話がよく出ますね。

英語で、「これ秘密です。」と言おう。

“It’s a secret.”は、
 
「これ秘密です。」
と相手に言葉で表せないことについて伝えます。

「教えなーい。」みたいにニュアンスがありますね。

英語で、「了解。」と言おう。

“Got it.”は、
 
「了解。」
と相手に自分の理解度を伝えます。
「的を射た。」というときに使いましょう。

英語で、「何でしょうか?」と言おう。

“Can I help you?”は、
 
「何でしょうか?」
と相手に話を投げかけるときに使います。

相手が選択に困っているときに
声をかけてあげましょう。

英語で、「ちょっと考えてみて。」と言おう。

“Just think about it.”は、
 
「ちょっと考えてみて。」
と相手に提案するときに使います。
相手が選択に困ったりしているときや、
もう少し考えてみれば答えが出そうなときに助言しましょう。

英語で、「私のものです。」と言おう。

“It belongs to me.”は、
 
「私のものです。」
と相手に主張するときに使います。
周りの方が聞いてきたら答えてあげましょう。

英語で、「あなたのものではないですか?」と言おう。

“Isn’t it yours? ”は、
 
「あなたのものではないですか?」
と相手に確認することに使います。

物が相手のものか不明なときに使いましょう。

英語で、「ちょっと難しいかな。」と言おう。

“It’s a little hard.”は、
 
「ちょっと難しいかな。」
と相手に難易度を伝えるときにに使います。

自分にとって簡単ではない場合に言ってみましょう。

このページの先頭へ