「主張」の記事一覧

英語で、「悪いのは誰なんだ?」と言おう。

“Whose fault is that?”は、
 
「悪いのは誰なんだ?」
と相手に攻めるように言う場合に使います。
だれなんだ?と責任を問いただしたい時によく使われます。

英語で、「私のせいにしないで。」と言おう。

“Don’t blame me.”は、「私が言ったのでやりなさい。」と主張する時に使いますね。
どうしても自分の責任にしてほしくない時に言いましょう。

英語で、「私の言ったとおりにして。」と言おう。

“Do as I said.”は、「私が言ったのでやりなさい。」「私が言ったようにやりなさい。」
という意味ですね。だから、私の言ったとおりにやりなさい。ということになります。

英語で、「鈍い痛みです。」と言おう。

“I have a dull pain.”は、「鈍い痛みです。」と相手に自分の痛みを訴える時に使います。
先日、私は抜歯したところがまさに「鈍い痛み」となってつづいています。

英語で、「鋭い痛みです。」と言おう。

“I have a sharpe pain.”は、鋭い痛みです。」と相手に自分の腹痛を訴える時に使います。

英語で、「胃が痛い。」と言おう。

“I have a stomachache.”は、「胃が痛い。」と相手に自分の腹痛を訴える時に使います。
「胃が痛い。」は、“I have a stomachache.”“I have got a stomachache.” でもいいですね。

英語で、「好きにしていいよ。」と言おう。

“Do as you please.”は、「好きにしていいよ。」と相手に言う時に使いますね。
ただ、この言い方は、少し相手突き放すような感じになります。日本語に言うところの「好きにすれば」的な感じが強いですね。

英語で、「散らかってるね。」と言おう。

“What a mess!”は、「散らかってるね。」
と、見た目の驚きを伝える場合に使います。

英語で、「なんてかわいいの!」と言おう。

“How cute!”は、「あら、なんてかわいいの!」と、驚きや褒めたい時に使います。
ちなみに、「なんてかわいい犬なの」という場合は、What a cute dog!です。

英語で、「そう言う意味じゃないよ。」と言おう。

“That’s not what I mean.”は、「それは、私が意味したことと思うか?」という意味ですね。よく使う状況としては、「そういう意味じゃないよ。」「間違って理解しているよ。」といった感じですね。

サブコンテンツ

おすすめ無料レポート!

寝言も英語になる!!
1日15分で英語を話せるようにしよう。
簡単英会話の勘どころ
著者:合摩吉和(ごま)

「異国の地で英会話ができなくて孤独感を持っていた私が、1日15分の簡単な学習で12か月に日常会話ができて、寝言も英語で話すようになった方法」

こちらの無料レポートをダウンロードいただきました方は、 私、ごま(メールマガジン発行者)によってメールマガジン「簡単英会話の勘どころ」 に代理登録させていただきます。


*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 

このページの先頭へ