「Y」タグの記事一覧

英語で、「では、後ほど」と言おう。

“See you then.”は、「では、後ほど」と相手に伝える時に使いますね。See you. は別れ際に言う文句としてご存知だと思います。See you.の後に何をつけるかでいろいろな会うタイミングを約束することができます。

英語で、「これあなたに。」と言おう。

“This is for you.”は、「これあなたのために。」という意味ですが、いろいろな場面でつかえます。例えば、仕事をやった後。食事で、とりわけしたものを「これあなたの分です。」みたいなときです。

英語で、「まだだよ。」と言おう。

“Not yet.”は、「まだ、完了していない。」と言いたい時に使いますね。
「やっているけど、終わらないんだよ。」みたいなニュアンスですね。

英語で、「これはあなたのものですか?」と言おう。

Is this yours?これはあなたのものですか? Yes, it’s mine.はい、私のものです。  

英語で、「どうぞ。」と言おう。

“Here you are.”は、「どうぞ。」という意味なので、
“Please”と同じように使えますね。
ただ、“Please”は自分から差し出す時や
与える時に、“Here you are.”は相手の要望に対して
こちらがこたえる時に使います。

英語で、「お前が決めな。」と言おう。

Which one should i buy?どれを買ったら良いの? You decide.お前が決めな。    

英語で、「お会い出来て嬉しかったです。」と言おう。

  It was nice meeting you.お会い出来て嬉しかったです。 It was nice meeting you, too.私も、お会い出来て嬉しかったです。    

英語で、「そこにいたのね。」と言おう。

  There you are.そこにいたのね。 Yes, I’m here.そう、ここにいたよ。     “There you are.” ↓こちらが、音声ファイルです。  There_you_are.mp・・・

英語で、「何の用なの?」と言おう。

  What do you want?何の用なの? I want fruits.果物が欲しいね。     “What do you want?” ↓こちらが、音声ファイルです。  What_do_・・・

英語で、「戻ったね。」と言おう。

  You are back.戻ったね。 I arrived in this morning.今朝着いたんだ。     “You are back.” ↓こちらが、音声ファイルです。  You_a・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ