「that」タグの記事一覧

英語で、「これは何のにおい?」と言おう。

“What’s that smell?”は、
 
「これは何のにおい?」
と相手に確認することに使いますね。

何か得たいのしれない匂いの場合に
“that”を使いましょう。

英語で、「そんなことあるのか?」と言おう。

“How can that be?”は、
 
「そんなことあるのか?」
と相手の言ったことに対して疑問投げる時に使いますね。

相手の言ったことに対して「疑問」や「驚き」を言いましょう。

英語で、「それは違います。」と言おう。

“That’s not right.”は、
 
「それは違います。」
と相手に異を唱える時に使います。

Noでもいいですが、
こんなふうに言うと丁寧ですね。

英語で、「それは話が違うよ。」と言おう。

“That’s not what you said.”は、
 
「それは話が違うよ。」
と相手に主張する時に使います。

相手が何か約束をしたのに、言ったことと
異なることを言った場合に主張するようにしましょう。

英語で、「なぜそんなことをしているの?」と言おう。

“Why are you doing that?”は、「そんなことをしないでね。」
と相手に依頼または、忠告する時に使いますね。
Don’t do that の記事でも紹介しましたが、
そんなことは、”that”を使うんですね。

英語で、「そんなことしないで。」と言おう。

“Don’t do that.”は、
 
「そんなことをしないでね。」
と相手に依頼または、忠告する時に使いますね。
そんなことは、”that”を使うんですね。

英語で、「そう?」と言おう。

“Is that so?”は、「そうなの?」と相手に聞き返す時や確認する時に使いますね。
日本語の「そう」と英語の“So”は発音と意味が同じです。だから、抵抗なく覚えられますね。

英語で、「俺はそれでいいよ。」と言おう。

“That’s fine with me.”は、「俺はそれでいいよ。」という時に使いますね。It’s OK. でもいいと思いますが、いつもOK!ばかりだとマンネリになってしまいますね。

英語で、「だからさ。」と言おう。

You must turn on this switch.スイッチを入れなくちゃ。 That’s why.だからか。    

英語で、「だから、私はここにいるんです。 」と電話で言いたい。

  Oh, nice place.おっ、いいところですね。 That’s why I’m here.だから、私はここにいるんです。      “That’s why I&#・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ