「T」タグの記事一覧

英語で、「では、後ほど」と言おう。

“See you then.”は、「では、後ほど」と相手に伝える時に使いますね。See you. は別れ際に言う文句としてご存知だと思います。See you.の後に何をつけるかでいろいろな会うタイミングを約束することができます。

英語で、「起きる時間だよ。」と言おう。

“It’s time to get up.”は、「起きる時間だよ。」と相手に伝える時に使いますね。
Get upはgetを習った時、一番最初に覚えた言葉ではないでしょうか?

英語で、「早すぎる?」と言おう。

“Is it too early?”は、「早すぎる?」と相手に伝える時に使いますね。
約束した時間が早いとか、せっかちな相手が何かことを始めようとしているときなどにに使いましょう。

英語で、「遅すぎる?」と言おう。

“Is it too late?”は、「遅すぎる?」と相手に伝える時に使いますね。「これでいい?」「遅いかな?」
など、疑問に思ったら聞いてみよう 。

英語で、「そう?」と言おう。

“Is that so?”は、「そうなの?」と相手に聞き返す時や確認する時に使いますね。
日本語の「そう」と英語の“So”は発音と意味が同じです。だから、抵抗なく覚えられますね。

英語で、「どう思う?」と言おう。

“What do you think?”は、「何と思っているのか?」相手の思うことを聞くと気に使いますね。この文を相手に聞けるようになると会話の幅が広がりますね。

英語で、「俺もそう思う。」と言おう。

“I think so, too.”は、「俺もそう思う。」と相手も賛同する時に使いますね。全て言うのが面倒なら、me, too.でもいいですね。

英語で、「俺はそれでいいよ。」と言おう。

“That’s fine with me.”は、「俺はそれでいいよ。」という時に使いますね。It’s OK. でもいいと思いますが、いつもOK!ばかりだとマンネリになってしまいますね。

英語で、「こんなふうに?」と言おう。

“Like this?”「こんなふうに?」は、
何かをやる前に、やり方を確認したいなら、
Should I do like this?となりますね。
こう言うとていねいな聞き方です。
自分が何かやって見たあとに、聞く場合は、
“Like this?”でいいですね。

英語で、「やぁ。」と言おう。

“Hi, there.”「やぁ。」は、ふだん使っている
“Hello.”と同じ意味ですね。“Hi, there. Ha ya doing?”を親しい友だちに使ってみよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ