「D」タグの記事一覧

英語で、「どうやるの?」と言おう。

“How to do?”は、「どうやるの?」と相手に尋ねる時に使います。  
初めて聞くこと・やることに対して“How to do?”と聞くと良いですね。

英語で、「鈍い痛みです。」と言おう。

“I have a dull pain.”は、「鈍い痛みです。」と相手に自分の痛みを訴える時に使います。
先日、私は抜歯したところがまさに「鈍い痛み」となってつづいています。

英語で、「酔っ払ったよ。」と言おう。

“I’m drunk.”は、「酔っ払ったよ。」と相手に自分の状態を伝えます。 
無理して、「大丈夫。」と言うと、もっと酔っ払うことになりますね。
正直に伝えましょうね。

英語で、「一杯欲しい。」と言おう。

“I need a drink.”は、「一杯欲しい。」と相手に飲みたい旨伝えます。
「あー、もー、一杯飲みたい。」みたいな時に言ってみよう。

英語で、「一杯どう?。」と言おう。

“How about a drink?”は、「一杯どう?。」と相手に尋ねる時に使いますね。
相手が「飲みたい。」と言ってきたら、今度は、「何飲みたい?」と聞いてあげましょう。

英語で、「いつにするか決めてください。」と言おう。

“You decide when.”は、「いつにするか決めてください。」と相手に伝える時に使いますね。
相手に予定などを決めて欲しい時に使いましょう。

英語で、「期限はいつ?」と言おう。

“When is this due?”は、「この期限はいつ?」と聞くものです。
This の部分を変えるといろいろな期限を聞くことがでかます。

英語で、「食事を楽しんでね。 」と言おう。

“Enjoy your dinner.”は、よくウェイターなどが食事を運んできた時に言う言葉ですね。日本語で言うと、「どうぞ、ごゆっくりと。」の意味も含みますね。

英語で、「私は何てことをしてしまったんだ。 」と言おう。

“What on earth I have done!”は、直訳すると「地球上の何をやっているんだ。」ですね。でもこれだとわけわからないですね。
このWhat on earthは驚きや怒りなどを表現する時に使いますね。

英語で、「確かにそうだ。」と言おう。

“No doubt.”は、「疑いがない。」と言う意味ですね。
TrueやSureなどは「確かに合っている。」というときに使いますね。疑う余地がないときにNo doubtを使うといいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ