「C」タグの記事一覧

英語で、「現金がありません。」と言おう。

“I’m out of cash.”は、「この現金がありません。」
と自分の今の緊急な状態を伝える時に使いますね。

英語で、「キャッチボールをしよう。」と言おう。

“Let’s play catch.”は、「キャッチボールをしよう。」
という意味ですが、日本語とは随分と
言い方が異なりますね。

英語で、「なんてかわいいの!」と言おう。

“How cute!”は、「あら、なんてかわいいの!」と、驚きや褒めたい時に使います。
ちなみに、「なんてかわいい犬なの」という場合は、What a cute dog!です。

英語で、「そうかもしれない。」と言おう。

“It could be.”は、「合っているかも入れないけど、ちょっと自信がない。」という時に使いますね。
「あなたはどう思う。」「そうかもしれない。」といった感じですね。

英語で、「ステキな車ですね。」と言おう。

“You have a nice car.”は、もうそのまま。「いい車ですね。」=「ステキな車ですね。」という意味ですね。
相手の受け方はいい車でもステキな車でも褒められているのでうれしいはずです。

英語で、「ここで、キャッチボールしてもいいですか?」と言おう。

“May I catch here?”「ここで、キャッチボールしてもいいですか?」は、
Catch ballではなく、Catchなんですね。
私がシンガポールにいた頃にソフトボールをやっていたんです。その時、ローカルに教えてもらいました。

英語で、「入ってもいい?」と言おう。

“May I come in?”「入ってもいい?」は、その場所に自分が入って良いのか確認する時に使いますね。

英語で、「もっと近くに来てよ。」と言おう。

“Come closer.”「もっと近くに来てよ。」ですが、Closeは、人間関係をもっと親密にしたい時、良くしたい時に使いますね。

英語で、「落ち着けよ。」と言おう。

“Chill out.”「落ち着けよ。」は、スラングです。
まったりとか落ち着くという意味ですね。
イライラしている人などをなだめたりするときにも使いますね。
同じ文例では、“Take care.”“Calm down.”がありますね。

英語で、「複雑ですね。」と言おう。

英語で、「複雑ですね。」と言おう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ