「お互いに理解する一言英会話」の記事一覧

英語で、「どう思う?」と言おう。

“What do you think?”は、「何と思っているのか?」相手の思うことを聞くと気に使いますね。この文を相手に聞けるようになると会話の幅が広がりますね。

英語で、「ええ、少しも。」と言おう。

“No, not a bit.”は、「いいえ、少しもない。」「ちっともない。」という意味ですね。
よく使う状況としては、「疲れた?」「全然、疲れてないよ。」ですね。

英語で、「俺はそれでいいよ。」と言おう。

“That’s fine with me.”は、「俺はそれでいいよ。」という時に使いますね。It’s OK. でもいいと思いますが、いつもOK!ばかりだとマンネリになってしまいますね。

英語で、「お先にどうぞ。」と言おう。

“After you.”は、直訳すると「あなたの後。」という意味です。あなたの後にやるから「お先にどうぞ。」という意味になるんですね。

英語で、「十分もらったよ。」と言おう。

“I’ve had enough.”は、「十分すでに持っているから、
(もう要らないよ。)」という意味を含みますね。

英語で、「複雑ですね。」と言おう。

英語で、「複雑ですね。」と言おう。

英語で、「これはあなたのものですか?」と言おう。

Is this yours?これはあなたのものですか? Yes, it’s mine.はい、私のものです。  

英語で、「見せてください。」と言おう。

This is my photo. これ、私の写真だよ。 Let me see it. 見せてください。    

英語で、「どうして?」と言おう。

I don’t like it.俺、それ好きやない。 How come?どうして?    

英語で、「何か不満ある?」と言おう。

Any complaints?何か不満ある? Nothing.ないよ。    

サブコンテンツ

このページの先頭へ