「お互いに理解する一言英会話」の記事一覧

英語で、「やめておきましょう。」と言おう。

“Let’s not.”は、
 
「やめておきましょう。」
と相手の提案に対して止めるように
助言する時に使いますね。

英語で、「それは話が違うよ。」と言おう。

“That’s not what you said.”は、
 
「それは話が違うよ。」
と相手に主張する時に使います。

相手が何か約束をしたのに、言ったことと
異なることを言った場合に主張するようにしましょう。

英語で、「私の責任です。」と言おう。

“It’s my fault.”は、
 
「私の責任です。」
と自分の過ちを正直に伝える時に使います。

自分の過失だったら素直に認めましょう。

英語で、「生計を立てるために何をされてますか?」と言おう。

“What do you do for living?”は、
「生計を立てるために何をされてますか?」と聞く時に使います。
話し相手の職業が気になったら聞いて見ましょう。

英語で、「あなたと話したいです。」と言おう。

“I want to talk to you.”は、「あなたと話したいです。」と相手に自分の要望を伝える時に使います。
“I wanna talk to you.”と言うとネイティブっぽいですよ。

英語で、「現金がありません。」と言おう。

“I’m out of cash.”は、「この現金がありません。」
と自分の今の緊急な状態を伝える時に使いますね。

英語で、「どう思う?」と言おう。

“What do you think?”は、「何と思っているのか?」相手の思うことを聞くと気に使いますね。この文を相手に聞けるようになると会話の幅が広がりますね。

英語で、「ええ、少しも。」と言おう。

“No, not a bit.”は、「いいえ、少しもない。」「ちっともない。」という意味ですね。
よく使う状況としては、「疲れた?」「全然、疲れてないよ。」ですね。

英語で、「俺はそれでいいよ。」と言おう。

“That’s fine with me.”は、「俺はそれでいいよ。」という時に使いますね。It’s OK. でもいいと思いますが、いつもOK!ばかりだとマンネリになってしまいますね。

英語で、「お先にどうぞ。」と言おう。

“After you.”は、直訳すると「あなたの後。」という意味です。あなたの後にやるから「お先にどうぞ。」という意味になるんですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ