「日常生活で使う英会話」の記事一覧

英語で、「そうかもしれないし、そうではないかもしれない」と言おう。

“Maybe yes, maybe no.”は、
 
「そうかもしれないし、そうではないかもしれない」
と自分の考えが曖昧な時に使います。

【番外編】いろいろな言語の「おはよう。」を覚えよう。

実は、本日、イタリア人と英語で会話をしたんです。
その時に、英語だけでは他人行儀なので、
親近感を出すためにイタリア語のあいさつをちょっと調べてみました。

英語で、「私は彼と気が合う。」と言おう。

“I get along with him.”は、
「私は彼と気が合う。」や
「彼とはウマが合う。」と言う時に使います。
“get”は何かを「得る」や
「〜になる」という意味でも使われますね。

英語で、「長い一日だった」と言おう。

“It’s been a long day.”は、「長い一日だった」と相手に今日一日の所感を伝える時に使います。
「今日は、忙しかった。」だから、「長い一日だった。」と言えますね。

英語で、「一杯欲しい。」と言おう。

“I need a drink.”は、「一杯欲しい。」と相手に飲みたい旨伝えます。
「あー、もー、一杯飲みたい。」みたいな時に言ってみよう。

英語で、「一杯どう?。」と言おう。

“How about a drink?”は、「一杯どう?。」と相手に尋ねる時に使いますね。
相手が「飲みたい。」と言ってきたら、今度は、「何飲みたい?」と聞いてあげましょう。

英語で、「ジョギングを始めたよ。」と言おう。

“I’ve started jogging.”は、「このジョギングを始めたよ。」と自分の自己紹介や通常会話で自分の趣味を伝える時に使いますね。I start joggingでは、「これから、ジョギングをやる」という意味になります。

英語で、「そうかもしれない。」と言おう。

“It could be.”は、「合っているかも入れないけど、ちょっと自信がない。」という時に使いますね。
「あなたはどう思う。」「そうかもしれない。」といった感じですね。

英語で、「よくやったね。」と言おう。

“Good job!”は、相手のやったことに対して褒める時に使いますね。
「こんなことやったよ。」に対して「よくできたね。」
みたいに言うと良いです。

英語で、「考えてみるよ。」と言おう。

I’ll think about it.考えてみるよ。 Please let me know later.あとで教えてね。    

サブコンテンツ

このページの先頭へ