「会話によくでる決まり文句」の記事一覧

英語で、「もしあなたがそう言うのなら。」と言おう。

“If you say so.”は、
 
「もしあなたがそう言うのなら。」
と相手の同意する時に使いますね。

 
この言い方をするときは、

半分は異を唱えたいが、
残り半分は、同意してもいい状況ですね。

英語で、「(残念ながら)そうです。」と言おう。

“I’m afraid so.”は、
 
「(残念ながら)そうです。」
と相手のいに添えなかった結果を伝える時に使いますね。

英語で、「折り返し電話します。」と言おう。

“I will call you back.”は、「折り返し電話します。」
と相手の都合に合わせた返事をする時に使いますね。

英語で、「気にしなくていいです。」と言おう。

“That’s all right.”は、
 
「気にしなくていいです。」
と相手に配慮する時に使います。

相手が過失を認めて素直に謝罪してきたら、
こちらも素直に認めましょう。

英語で、「止まれ。」と言おう。

“Hold it.”は、
 
「止まれ。」
と相手に注意を促す時に使います。

“Stop”と同じ意味ですね。

英語で、「動かないで。」と言おう。

“Don’t move.”は、
 
「動かないで。」
と相手に言います。
危険を察知できたら、仲間に伝えてあげましょう。

英語で、「喧嘩するなよ。」と言おう。

“Don’t fight.”は、「喧嘩するなよ。」と相手に言います。
仲間同士で喧嘩が始まったら、止めに入りましょうね。

英語で、「何て言ったの?」と言おう。

“What did you say?”は、「何て言ったの?」と聞き返す時に使います。
相手の言ってくれたのに聞こえなかった。そんな時に使いましょう。

英語で、「私から離れてよ。」と言おう。

“Stay away from me.”は、「離れて。」と相手に依頼または、忠告する時に使いますね。
文を意訳すると「私から距離をとって留まって。」となるので「離れて」という意味になりますね。

英語で、「なぜそんなことをしているの?」と言おう。

“Why are you doing that?”は、「そんなことをしないでね。」
と相手に依頼または、忠告する時に使いますね。
Don’t do that の記事でも紹介しましたが、
そんなことは、”that”を使うんですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ