「会話によくでる決まり文句」の記事一覧

英語で、「水が出ない。」と言おう。

“There is no water.”は、「物がない。」「動いていない。」という意味で使いますね。「お湯が出ない。」「水が出ない。」なんていうときによく使われます。

英語で、「これ動いていない。」と言おう。

“It’s not working.”は、「これ、機能していない。」という意味で使いますね。
「このエアコン、動かない。」「これ、電源が入らない。」なんていうときによく使われます。

英語で、「食事を楽しんでね。 」と言おう。

“Enjoy your dinner.”は、よくウェイターなどが食事を運んできた時に言う言葉ですね。日本語で言うと、「どうぞ、ごゆっくりと。」の意味も含みますね。

英語で、「ホテルの正面です。 」と言おう。

“It faces the hotel.”は、直訳すると「それは、ホテルに対面している。」ですね。
だから、ホテルの正面にあるということになるんですね。これは、何か問題に直面しているときにも使えますよ。

英語で、「今、休暇を取っているんです。」と言おう。

“I’m here on vacation.”は、直訳すると「休暇で私はここにいる。」だから、「休暇中」となるんですね。旅行先で、偶然に友人と対面した場合や目的にの場所にいる理由などを伝える時にに使うと良いですね。

英語で、「一度もないよ。」と言おう。

“No, never.”は、「ない、まったく。」が直訳ですね。
まったくやったことがない。一度もやったことがない。という時に使うといいですね。

英語で、「それは、無理だ。」と言おう。

“That’s impossible.”は、「できない。」と言うよりも、「それは不可能だ。」言いたい時に使いますね。

英語で、「俺もそう思う。」と言おう。

“I think so, too.”は、「俺もそう思う。」と相手も賛同する時に使いますね。全て言うのが面倒なら、me, too.でもいいですね。

英語で、「ステキな車ですね。」と言おう。

“You have a nice car.”は、もうそのまま。「いい車ですね。」=「ステキな車ですね。」という意味ですね。
相手の受け方はいい車でもステキな車でも褒められているのでうれしいはずです。

英語で、「まだだよ。」と言おう。

“Not yet.”は、「まだ、完了していない。」と言いたい時に使いますね。
「やっているけど、終わらないんだよ。」みたいなニュアンスですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ