「会話によくでる決まり文句」の記事一覧

英語で、「すごいね。」と言おう。

“Looks great.”は、
 

「すごいね。」
と相手に賛同する時に使いますね。

いいね!と思ったら言ってみましょう。

英語で、「決まったよ。」と言おう。

“It’s settle.”は、
 

「決まったよ。」
と相手に経過報告するときに使いますね。

物事が決まったら、準備OKと言いたいときに使うといいですね。

英語で、「やったぁ。」と言おう。

“I made it.”は、
 

「やったぁ。」
と相手に自分の気持ちを伝えるときに使いますね。

「できたよ。」と言いたいときに使うといいですね。

英語で、「どのくらい早く?」と言おう。

“How early?”は、
 

「どのくらい早く?」
と相手に尋ねるときに使いますね。
緊急度がわからない時、確認したいとに使いましょう。

英語で、「これは何て呼ばれてる?」と言おう。

“What’s it called?”は、
 
「これは何て呼ばれてる?」
と相手に確認することに使いますね。

日本語で意訳すると

「何て言うの?」

で良いかもしれませんね。

英語で、「了解。」と言おう。

“Got it.”は、
 
「了解。」
と相手に自分の理解度を伝えます。
「的を射た。」というときに使いましょう。

英語で、「ちょっと考えてみて。」と言おう。

“Just think about it.”は、
 
「ちょっと考えてみて。」
と相手に提案するときに使います。
相手が選択に困ったりしているときや、
もう少し考えてみれば答えが出そうなときに助言しましょう。

英語で、「あなたのものではないですか?」と言おう。

“Isn’t it yours? ”は、
 
「あなたのものではないですか?」
と相手に確認することに使います。

物が相手のものか不明なときに使いましょう。

英語で、「頼みがあるんだけど。」と言おう。

“Do me a favor.”は、
 
「頼みがあるんだけど。」
と相手にお願いするときに使います。

どうしても相手にやって欲しいこと
がある場合に使いましょう。

英語で、「時間ある?」と言おう。

“Do you have time?”は、
 
「時間ある?」
と相手に確認する時に使います。

ちょっとした立ち話など、ほんの数分でもいいので
何か話したいというときに使いましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ