「会話によくでる決まり文句」の記事一覧

英語で、「彼は誰に似てますか?」と言おう。

“Who is he like?”は、
 
「彼は誰に似てますか?」と聞く時に使います。

  

“like”は「好き」と言う意味意外にに
「〜のような」と使われることがあります。

英語で、「ちょっとよろしいですか?」と言おう。

“May I interrupt?”は、「ちょっとよろしいですか?」
と話し中の相手に声をかける時に使います。

  

“Sorry for interrupting.”や
“Sorry to interrupt.”などと同じ状況で
使います。

英語で、「お邪魔してすみません。」と言おう。

“Sorry for interrupting.”は、
 
「お邪魔してすみません。」
と話し中の相手に声をかける時に使います。

  

日本語では、よく
「お取り込み中すみません。」
という意味でも使いますね。

英語で、「ちょうど仕事が終わったところです。」と言おう。

“I have just finished work.”は、「ちょうど仕事が終わったところです。」と相手に完了したことを伝える時に使います。
“have just finished”は「ちょうど終わった。」という意味ですね。

英語で、「もう終わりにしよう。」と言おう。

“Let’s finish up.”は、「もう終わりにしよう。」と相手に提案する時に使います。
“finish”は「終わった?」というときによく使いますね。

英語で、「そろそろ昼食の時間だ。」と言おう。

“It’s almost lunchtime”は、「そろそろ昼食の時間だ。」と相手に伝える時に使います。
“almost”は、「だいたい」「おおよそ」「そろそろ」と言う意味でつかいますね。

英語で、「また遅れてきたね。」と言おう。

“You are late again.”は、「また遅れてきたね。」と相手を指摘する時に使います。
“You are late”は、プライベートや仕事でも使うことができるのでぜひ覚えましょう。

英語で、「ひどいの?」と言おう。

    Is it serious?ひどいの? No, it isn’t.いいえ。        “Is it serious?”    ↓こちらが、音声ファイルです。 Is_it_serious-.mp3   英語で、・・・

英語で、「(それで、)何かあった?」と言おう。

“What happened next?”は、「(それで、)何かあった?」と相手に伝える時に使います。
「今聞いたことはわかった。」「それで、その後は?」と続けて相手に尋ねる時に使うと良いですね。

英語で、「何かあったの?」と言おう。

“What happened to you?”は、「何かあったの?」と相手に伝える時に使います。
「あなたに一体何があったの?」「何が起きたん?」1 と聞く時に使うと良いですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ