「主張」の記事一覧

英語で、「好きにしていいよ。」と言おう。

“Do as you please.”は、「好きにしていいよ。」と相手に言う時に使いますね。
ただ、この言い方は、少し相手突き放すような感じになります。日本語に言うところの「好きにすれば」的な感じが強いですね。

英語で、「散らかってるね。」と言おう。

“What a mess!”は、「散らかってるね。」
と、見た目の驚きを伝える場合に使います。

英語で、「なんてかわいいの!」と言おう。

“How cute!”は、「あら、なんてかわいいの!」と、驚きや褒めたい時に使います。
ちなみに、「なんてかわいい犬なの」という場合は、What a cute dog!です。

英語で、「そう言う意味じゃないよ。」と言おう。

“That’s not what I mean.”は、「それは、私が意味したことと思うか?」という意味ですね。よく使う状況としては、「そういう意味じゃないよ。」「間違って理解しているよ。」といった感じですね。

英語で、「いい車ですね。」と言おう。

“I like your car.”は、直訳すると「あなたの車が好き。」という意味です。
好き。だから、「いい車ですね。」という意味になるんですね。

英語で、「それは、私のよ。」と言おう。

Whose is this?これだれのもの? That’s mine.それは、私のよ。    

英語で、「お前が決めな。」と言おう。

Which one should i buy?どれを買ったら良いの? You decide.お前が決めな。    

英語で、「どっちがどっち。」と言おう。

Which is which.どっちがどっち? This is new. This is old.これは、新しい。これは古い。    

英語で、「だからさ。」と言おう。

You must turn on this switch.スイッチを入れなくちゃ。 That’s why.だからか。    

英語で、「私は急がなくては。」と言えるようにしたい。

まず今日の英会話を音声で聞いてみよう!  I have to rush.急がねば。 Why are you in hurry?何で急いでいるの?     “I have to rush.” ↓こちらが、音声フ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ