「主張」の記事一覧

英語で、「私のせいにしないで。」と言おう。

“Don’t blame me.”は、「私が言ったのでやりなさい。」と主張する時に使いますね。
どうしても自分の責任にしてほしくない時に言いましょう。

英語で、「私の言ったとおりにして。」と言おう。

“Do as I said.”は、「私が言ったのでやりなさい。」「私が言ったようにやりなさい。」
という意味ですね。だから、私の言ったとおりにやりなさい。ということになります。

英語で、「鈍い痛みです。」と言おう。

“I have a dull pain.”は、「鈍い痛みです。」と相手に自分の痛みを訴える時に使います。
先日、私は抜歯したところがまさに「鈍い痛み」となってつづいています。

英語で、「鋭い痛みです。」と言おう。

“I have a sharpe pain.”は、鋭い痛みです。」と相手に自分の腹痛を訴える時に使います。

英語で、「胃が痛い。」と言おう。

“I have a stomachache.”は、「胃が痛い。」と相手に自分の腹痛を訴える時に使います。
「胃が痛い。」は、“I have a stomachache.”“I have got a stomachache.” でもいいですね。

英語で、「好きにしていいよ。」と言おう。

“Do as you please.”は、「好きにしていいよ。」と相手に言う時に使いますね。
ただ、この言い方は、少し相手突き放すような感じになります。日本語に言うところの「好きにすれば」的な感じが強いですね。

英語で、「散らかってるね。」と言おう。

“What a mess!”は、「散らかってるね。」
と、見た目の驚きを伝える場合に使います。

英語で、「なんてかわいいの!」と言おう。

“How cute!”は、「あら、なんてかわいいの!」と、驚きや褒めたい時に使います。
ちなみに、「なんてかわいい犬なの」という場合は、What a cute dog!です。

英語で、「そう言う意味じゃないよ。」と言おう。

“That’s not what I mean.”は、「それは、私が意味したことと思うか?」という意味ですね。よく使う状況としては、「そういう意味じゃないよ。」「間違って理解しているよ。」といった感じですね。

英語で、「いい車ですね。」と言おう。

“I like your car.”は、直訳すると「あなたの車が好き。」という意味です。
好き。だから、「いい車ですね。」という意味になるんですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ