「会話を楽しくする一言英会話」の記事一覧

英語で、「ようやく着いたね。」と言おう。

“Here we are at last.”は、
 

「ようやく着いたね。」
と現在の状態を伝える時に使いますね。

英語で、「いい気分です。」と言おう。

“I feel great.”は、
 

「いい気分です。」
と相手に自分の気持ちを伝えるときに使いますね。

とてもいい気分なときに言うといいでしょう。

英語で、「どれ?」と言おう。

“Which one?”は、
 
「どれ?」
と相手に尋ねるときに使いますね。
選択肢が2つ以上ある場合に使うと良いですね。

英語で、「これは何のにおい?」と言おう。

“What’s that smell?”は、
 
「これは何のにおい?」
と相手に確認することに使いますね。

何か得たいのしれない匂いの場合に
“that”を使いましょう。

英語で、「約束するよ。」と言おう。

“I promise.”は、
 
「約束するよ。」
と相手に次回の予定を確約するときに使います。

子どもと会話すると、こんな会話がよく出ますね。

英語で、「これ秘密です。」と言おう。

“It’s a secret.”は、
 
「これ秘密です。」
と相手に言葉で表せないことについて伝えます。

「教えなーい。」みたいにニュアンスがありますね。

英語で、「何でしょうか?」と言おう。

“Can I help you?”は、
 
「何でしょうか?」
と相手に話を投げかけるときに使います。

相手が選択に困っているときに
声をかけてあげましょう。

英語で、「ちょっと難しいかな。」と言おう。

“It’s a little hard.”は、
 
「ちょっと難しいかな。」
と相手に難易度を伝えるときにに使います。

自分にとって簡単ではない場合に言ってみましょう。

英語で、「簡単だよ。」と言おう。

“It’s easy.”は、
 
「簡単だよ。」
と相手に難易度を伝えるときにに使います。

相手が、難儀しているときに言ってあげましょう。

英語で、「悪いのは誰なんだ?」と言おう。

“Whose fault is that?”は、
 
「悪いのは誰なんだ?」
と相手に攻めるように言う場合に使います。
だれなんだ?と責任を問いただしたい時によく使われます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ