「会話を楽しくする一言英会話」の記事一覧

英語で、「スキャナはどの階にありますか?」と言おう。

“What floor is scanner on?”は、「スキャナはどの階にありますか?」と物の所在を確認する時に使います。
この話し方がわかると、いろいろと分からないことを聞くことができます。

英語で、「どうすればいいの?」と言おう。

“How should I do?”は、「どうすればいいの?」と相手に尋ねる時に使います。
「いったい、どうしたらいいの?」みたいな気持ちの時に使うと良いですね。

英語で、「どうやるの?」と言おう。

“How to do?”は、「どうやるの?」と相手に尋ねる時に使います。  
初めて聞くこと・やることに対して“How to do?”と聞くと良いですね。

英語で、「私のことをどう思う?」と言おう。

“What do you think of me?”は、「私のことをどう思う?」と自分のことをどんな風に思っているのか確認する時に使います。
“think of xx”は「xxのことを思う。」と決まり文句なのでそっくりそのまま覚えましょう。

英語で、「鈍い痛みです。」と言おう。

“I have a dull pain.”は、「鈍い痛みです。」と相手に自分の痛みを訴える時に使います。
先日、私は抜歯したところがまさに「鈍い痛み」となってつづいています。

英語で、「鋭い痛みです。」と言おう。

“I have a sharpe pain.”は、鋭い痛みです。」と相手に自分の腹痛を訴える時に使います。

英語で、「胃が痛い。」と言おう。

“I have a stomachache.”は、「胃が痛い。」と相手に自分の腹痛を訴える時に使います。
「胃が痛い。」は、“I have a stomachache.”“I have got a stomachache.” でもいいですね。

英語で、「具合悪そうだね。」と言おう。

「具合悪そうだね。」と相手に聞く時に使います。
相手の体調が悪いそうに感じた時、さり気なく聞いてあげましょう。

英語で、「どうかしたの?」と言おう。

“What’s wrong with you?”は、「どうかしたの?」と相手に尋ねる時に使います。
「何か、マズいことあったの?」みたいに聞く感じですね。

英語で、「みんなで楽しもう。」と言おう。

“Let’s enjoy ourselves.”は、「みんなで楽しもう。」と皆に提案する時に使います。
Let’s enjoy.は不特定な人に言いますが、今回の例文では、その場にいる人たちが対象になりますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ