「会話を楽しくする一言英会話」の記事一覧

英語で、「リラックスしてね。」と言おう。

“Make yourself at home.”は、
 
「リラックスしてね。」
と相手に配慮する時に使います。

家に招待して、家のことを褒められて
気に入っているようでしたら言ってみましょう。

英語で、「おっと、失礼します。」と言おう。

“Whoops, excuse me.”は、
 
「おっと、失礼します。」
と相手に伝える時に使います。

躓いて相手に当たってしまったとか、
ちょっと体が邪魔をした、当たったなど。

英語で、「とにかくありがとう。」と言おう。

“Thank you anyway.”は、「とにかくありがとう。」
と相手にお礼を伝える時に使います。
すごく助かった。いろいろ言いたいけど
「とにかくいろいろありがとうございました。」
と伝えたい時に使うといいでしょう。

英語で、「知ってたんでしょ?」と言おう。

“You knew that, didn’t you?”は、「知ってたよね。」
を相手に聞き正す時に使いますね。

英語で、「だから、そう言ったじゃない!」と言おう。

“I told you so.”は、
 
「言ったよね。」
を強調したい時に使いますね。

すでに伝えていることと、異なることを
返された場合に言ってあげましょう。

英語で、「急げ!」と言おう。

“Hurry up.”は、「とにかく、急げ。」と時間が切迫している時に使いますね。
洋画を観ていると頻繁に聞きますね。

英語で、「私のせいにしないで。」と言おう。

“Don’t blame me.”は、「私が言ったのでやりなさい。」と主張する時に使いますね。
どうしても自分の責任にしてほしくない時に言いましょう。

英語で、「私の言ったとおりにして。」と言おう。

“Do as I said.”は、「私が言ったのでやりなさい。」「私が言ったようにやりなさい。」
という意味ですね。だから、私の言ったとおりにやりなさい。ということになります。

英語で、「足元に気をつけて。」と言おう。

“Watch your step.”は、「足元に気をつけて。」と相手へ何か伝える時に使います。
滑りやすい床や、何か躓きそうな物がある場合、相手に伝えてあげましょう。

英語で、「スキャナはどの階にありますか?」と言おう。

“What floor is scanner on?”は、「スキャナはどの階にありますか?」と物の所在を確認する時に使います。
この話し方がわかると、いろいろと分からないことを聞くことができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ