「会話を楽しくする一言英会話」の記事一覧

英語で、「バスを乗り過ごした。」と言おう。

“I got a bus gone.”は、直訳すると「行ってしまったバスを得た。」
となりますね。だから、バスを乗り過ごしたとなるんですね。

英語で、「そう言う意味じゃないよ。」と言おう。

“That’s not what I mean.”は、「それは、私が意味したことと思うか?」という意味ですね。よく使う状況としては、「そういう意味じゃないよ。」「間違って理解しているよ。」といった感じですね。

英語で、「確かにそうだ。」と言おう。

“No doubt.”は、「疑いがない。」と言う意味ですね。
TrueやSureなどは「確かに合っている。」というときに使いますね。疑う余地がないときにNo doubtを使うといいですね。

英語で、「ステキだね。」と言おう。

“You look nice.”は、直訳すると「いい感じだね。」という意味ですね。だから、「いい感じ」=「ステキだね。」という意味になるんですね。

英語で、「いい車ですね。」と言おう。

“I like your car.”は、直訳すると「あなたの車が好き。」という意味です。
好き。だから、「いい車ですね。」という意味になるんですね。

英語で、「連絡くださいね。」と言おう。

“Drop me a line.”は、直訳すると「一文私に落としてね。」
だから、一報いれる、すなわち「連絡してね。」となるんですね。

英語で、「ここで、キャッチボールしてもいいですか?」と言おう。

“May I catch here?”「ここで、キャッチボールしてもいいですか?」は、
Catch ballではなく、Catchなんですね。
私がシンガポールにいた頃にソフトボールをやっていたんです。その時、ローカルに教えてもらいました。

英語で、「入ってもいい?」と言おう。

“May I come in?”「入ってもいい?」は、その場所に自分が入って良いのか確認する時に使いますね。

英語で、「もっと近くに来てよ。」と言おう。

“Come closer.”「もっと近くに来てよ。」ですが、Closeは、人間関係をもっと親密にしたい時、良くしたい時に使いますね。

英語で、「一緒にやらない?」と言おう。

“Won’t you join us?”「一緒にやらない?」は相手に対して、お誘いする言い方ですね。「一緒にやりますか?」よりさらにていねいです。
「xxしますか?」より、「xxしませんか?」の方が
何かていねいで 聞こえませんか?覚えましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ