「会話を楽しくする一言英会話」の記事一覧

英語で、「さあ、行きましょう。」と言おう。

“Let’s get going.”は、「さあ、行きましょう。」と相手に伝える時に使いますね。
あなたが知っている言葉としてはLet’s go!ですね。Shall we go?なども同じ意味です。

英語で、「いつにするか決めてください。」と言おう。

“You decide when.”は、「いつにするか決めてください。」と相手に伝える時に使いますね。
相手に予定などを決めて欲しい時に使いましょう。

英語で、「好きにしていいよ。」と言おう。

“Do as you please.”は、「好きにしていいよ。」と相手に言う時に使いますね。
ただ、この言い方は、少し相手突き放すような感じになります。日本語に言うところの「好きにすれば」的な感じが強いですね。

英語で、「そう?」と言おう。

“Is that so?”は、「そうなの?」と相手に聞き返す時や確認する時に使いますね。
日本語の「そう」と英語の“So”は発音と意味が同じです。だから、抵抗なく覚えられますね。

英語で、「いいね。」と言おう。

“It sounds good.”は、「いいね!」と強調して言う時に時に使いますね。
Goodの「いい。」をさらに強調して、「それ、すごいいいね!」という感じに使います。

英語で、「期限はいつ?」と言おう。

“When is this due?”は、「この期限はいつ?」と聞くものです。
This の部分を変えるといろいろな期限を聞くことがでかます。

英語で、「誕生日に何欲しい?」と言おう。

“What do you want for your birthday?”は、
 
「あなたの誕生日のために何が欲しい。」
と聞くものです。直接誕生日のプレゼントを聞く時に使いますね。

英語で、「これあなたに。」と言おう。

“This is for you.”は、「これあなたのために。」という意味ですが、いろいろな場面でつかえます。例えば、仕事をやった後。食事で、とりわけしたものを「これあなたの分です。」みたいなときです。

英語で、「キャッチボールをしよう。」と言おう。

“Let’s play catch.”は、「キャッチボールをしよう。」
という意味ですが、日本語とは随分と
言い方が異なりますね。

英語で、「散らかってるね。」と言おう。

“What a mess!”は、「散らかってるね。」
と、見た目の驚きを伝える場合に使います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ