「2017年8月」の記事一覧

英語で、「やったぁ。」と言おう。

“I made it.”は、
 

「やったぁ。」
と相手に自分の気持ちを伝えるときに使いますね。

「できたよ。」と言いたいときに使うといいですね。

英語で、「いい気分です。」と言おう。

“I feel great.”は、
 

「いい気分です。」
と相手に自分の気持ちを伝えるときに使いますね。

とてもいい気分なときに言うといいでしょう。

英語で、「どのくらい早く?」と言おう。

“How early?”は、
 

「どのくらい早く?」
と相手に尋ねるときに使いますね。
緊急度がわからない時、確認したいとに使いましょう。

英語で、「どれ?」と言おう。

“Which one?”は、
 
「どれ?」
と相手に尋ねるときに使いますね。
選択肢が2つ以上ある場合に使うと良いですね。

英語で、「これは何て呼ばれてる?」と言おう。

“What’s it called?”は、
 
「これは何て呼ばれてる?」
と相手に確認することに使いますね。

日本語で意訳すると

「何て言うの?」

で良いかもしれませんね。

英語で、「これは何のにおい?」と言おう。

“What’s that smell?”は、
 
「これは何のにおい?」
と相手に確認することに使いますね。

何か得たいのしれない匂いの場合に
“that”を使いましょう。

英語で、「約束するよ。」と言おう。

“I promise.”は、
 
「約束するよ。」
と相手に次回の予定を確約するときに使います。

子どもと会話すると、こんな会話がよく出ますね。

英語で、「これ秘密です。」と言おう。

“It’s a secret.”は、
 
「これ秘密です。」
と相手に言葉で表せないことについて伝えます。

「教えなーい。」みたいにニュアンスがありますね。

英語で、「了解。」と言おう。

“Got it.”は、
 
「了解。」
と相手に自分の理解度を伝えます。
「的を射た。」というときに使いましょう。

英語で、「何でしょうか?」と言おう。

“Can I help you?”は、
 
「何でしょうか?」
と相手に話を投げかけるときに使います。

相手が選択に困っているときに
声をかけてあげましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ