「2017年7月」の記事一覧

英語で、「私ではない。」と言おう。

“Not me.”は、
 
「私ではない。」
と自分が対象ではないことを主張します。

「誰がやった?」「お前か?」みたいに言われたら、
はっきり言い返しましょう。

英語で、「そんなことあるのか?」と言おう。

“How can that be?”は、
 
「そんなことあるのか?」
と相手の言ったことに対して疑問投げる時に使いますね。

相手の言ったことに対して「疑問」や「驚き」を言いましょう。

英語で、「すばらしい。」と言おう。

“Excellent!”は、
 
「すばらしい。」
と感動や感激を相手に伝える時に使いますね。

相手の言ったことやしてくれたことに感動した場合には
はっきりと”Excellent”と言いましょう。

英語で、「それは違います。」と言おう。

“That’s not right.”は、
 
「それは違います。」
と相手に異を唱える時に使います。

Noでもいいですが、
こんなふうに言うと丁寧ですね。

英語で、「絶対に違う。」と言おう。

“No way.”は、
 
「絶対に違う。」
と相手に主張する時に使いますね。

 
直訳すると、「道はない。」なので
意訳が「絶対に有り得ない」みたいになるんですね。

英語で、「私の知っている限りでは。」と言おう。

“As far as I know.”は、
 
「私の知っている限りでは。」
と相手に自分のわかっている範囲を伝える時に使いますね。

 
この言い方をするときは、

わからないと答えるより、かなり高感度はいいです。

英語で、「もしあなたがそう言うのなら。」と言おう。

“If you say so.”は、
 
「もしあなたがそう言うのなら。」
と相手の同意する時に使いますね。

 
この言い方をするときは、

半分は異を唱えたいが、
残り半分は、同意してもいい状況ですね。

英語で、「(残念ながら)そうです。」と言おう。

“I’m afraid so.”は、
 
「(残念ながら)そうです。」
と相手のいに添えなかった結果を伝える時に使いますね。

英語で、「折り返し電話します。」と言おう。

“I will call you back.”は、「折り返し電話します。」
と相手の都合に合わせた返事をする時に使いますね。

英語で、「やめておきましょう。」と言おう。

“Let’s not.”は、
 
「やめておきましょう。」
と相手の提案に対して止めるように
助言する時に使いますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ