「2017年6月」の記事一覧

英語で、「急げ!」と言おう。

“Hurry up.”は、「とにかく、急げ。」と時間が切迫している時に使いますね。
洋画を観ていると頻繁に聞きますね。

英語で、「私のせいにしないで。」と言おう。

“Don’t blame me.”は、「私が言ったのでやりなさい。」と主張する時に使いますね。
どうしても自分の責任にしてほしくない時に言いましょう。

英語で、「私の言ったとおりにして。」と言おう。

“Do as I said.”は、「私が言ったのでやりなさい。」「私が言ったようにやりなさい。」
という意味ですね。だから、私の言ったとおりにやりなさい。ということになります。

英語で、「言い方に気をつけて。」と言おう。

“Watch your mouth.”は、直訳すると「自分の口を見なさい。」という意味ですね。
だから、口から発した言動に注意しなさい。ということになります。

英語で、「静かに。」と言おう。

“Be quiet.”は、「静かに。」と相手へ何か伝える時に使います。
これから何かを始めるため、静寂な雰囲気が必要な場合はに使いましょう。

英語で、「足元に気をつけて。」と言おう。

“Watch your step.”は、「足元に気をつけて。」と相手へ何か伝える時に使います。
滑りやすい床や、何か躓きそうな物がある場合、相手に伝えてあげましょう。

英語で、「そこに行ったこととある?」と言おう。

“Have you been there?”は、
「そこに行ったこととある?」と聞く時に使います。
相手の行った場所や経験を聞いてみたい時に使いましょう。

英語で、「何を考えてるの?」と言おう。

“What are you thinking of?”は、
 
「何を考えてるの?」と聞く時に使います。
  

相手がどのように、何を考えているのか
わからない時に遠慮なく聞いてみましょう。

英語で、「生計を立てるために何をされてますか?」と言おう。

“What do you do for living?”は、
「生計を立てるために何をされてますか?」と聞く時に使います。
話し相手の職業が気になったら聞いて見ましょう。

英語で、「彼は誰に似てますか?」と言おう。

“Who is he like?”は、
 
「彼は誰に似てますか?」と聞く時に使います。

  

“like”は「好き」と言う意味意外にに
「〜のような」と使われることがあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ