「2017年4月」の記事一覧

英語で、「どちらまで?」と言おう。

“Where to?”は、Where do you go?やWhere to go?の略ですね。
toはあるところへ向かう時に使いますね。

英語で、「バスを乗り過ごした。」と言おう。

“I got a bus gone.”は、直訳すると「行ってしまったバスを得た。」
となりますね。だから、バスを乗り過ごしたとなるんですね。

英語で、「そこは遠いの?」と言おう。

“Is it far?”は、行きたいところや、何か場所のことで話題が出た時に「それって遠いの?」「近いの?」と確認する時に使いますね。

英語で、「水が出ない。」と言おう。

“There is no water.”は、「物がない。」「動いていない。」という意味で使いますね。「お湯が出ない。」「水が出ない。」なんていうときによく使われます。

英語で、「これ動いていない。」と言おう。

“It’s not working.”は、「これ、機能していない。」という意味で使いますね。
「このエアコン、動かない。」「これ、電源が入らない。」なんていうときによく使われます。

英語で、「食事を楽しんでね。 」と言おう。

“Enjoy your dinner.”は、よくウェイターなどが食事を運んできた時に言う言葉ですね。日本語で言うと、「どうぞ、ごゆっくりと。」の意味も含みますね。

英語で、「ホテルの正面です。 」と言おう。

“It faces the hotel.”は、直訳すると「それは、ホテルに対面している。」ですね。
だから、ホテルの正面にあるということになるんですね。これは、何か問題に直面しているときにも使えますよ。

英語で、「私は何てことをしてしまったんだ。 」と言おう。

“What on earth I have done!”は、直訳すると「地球上の何をやっているんだ。」ですね。でもこれだとわけわからないですね。
このWhat on earthは驚きや怒りなどを表現する時に使いますね。

英語で、「今、休暇を取っているんです。」と言おう。

“I’m here on vacation.”は、直訳すると「休暇で私はここにいる。」だから、「休暇中」となるんですね。旅行先で、偶然に友人と対面した場合や目的にの場所にいる理由などを伝える時にに使うと良いですね。

英語で、「気分が悪いです。」と言おう。

“I feel sick.”は、気分がすぐれない時に使ってください。日本人は、”How are you?”と聞かれたら、“I am fine, thank you.”と答えると聞きましたが、気分の悪い時ははっきり言えるように覚えておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ