スポンサードリンク

最新情報

2017年7月25日
会話によくでる決まり文句
英語で、「もしあなたがそう言うのなら。」と言おう。
2017年7月24日
会話によくでる決まり文句
英語で、「(残念ながら)そうです。」と言おう。
2017年7月23日
会話によくでる決まり文句
英語で、「折り返し電話します。」と言おう。
2017年7月22日
お互いに理解する一言英会話
英語で、「やめておきましょう。」と言おう。
2017年7月21日
お互いに理解する一言英会話
英語で、「それは話が違うよ。」と言おう。

英語で、「もしあなたがそう言うのなら。」と言おう。

“If you say so.”は、
 
「もしあなたがそう言うのなら。」
と相手の同意する時に使いますね。

 
この言い方をするときは、

半分は異を唱えたいが、
残り半分は、同意してもいい状況ですね。

英語で、「(残念ながら)そうです。」と言おう。

“I’m afraid so.”は、
 
「(残念ながら)そうです。」
と相手のいに添えなかった結果を伝える時に使いますね。

英語で、「折り返し電話します。」と言おう。

“I will call you back.”は、「折り返し電話します。」
と相手の都合に合わせた返事をする時に使いますね。

英語で、「やめておきましょう。」と言おう。

“Let’s not.”は、
 
「やめておきましょう。」
と相手の提案に対して止めるように
助言する時に使いますね。

英語で、「それは話が違うよ。」と言おう。

“That’s not what you said.”は、
 
「それは話が違うよ。」
と相手に主張する時に使います。

相手が何か約束をしたのに、言ったことと
異なることを言った場合に主張するようにしましょう。

【番外編】いろいろな言語の「おはよう。」を覚えよう。

実は、本日、イタリア人と英語で会話をしたんです。
その時に、英語だけでは他人行儀なので、
親近感を出すためにイタリア語のあいさつをちょっと調べてみました。

英語で、「リラックスしてね。」と言おう。

“Make yourself at home.”は、
 
「リラックスしてね。」
と相手に配慮する時に使います。

家に招待して、家のことを褒められて
気に入っているようでしたら言ってみましょう。

英語で、「気にしなくていいです。」と言おう。

“That’s all right.”は、
 
「気にしなくていいです。」
と相手に配慮する時に使います。

相手が過失を認めて素直に謝罪してきたら、
こちらも素直に認めましょう。

英語で、「私の責任です。」と言おう。

“It’s my fault.”は、
 
「私の責任です。」
と自分の過ちを正直に伝える時に使います。

自分の過失だったら素直に認めましょう。

英語で、「おっと、失礼します。」と言おう。

“Whoops, excuse me.”は、
 
「おっと、失礼します。」
と相手に伝える時に使います。

躓いて相手に当たってしまったとか、
ちょっと体が邪魔をした、当たったなど。

このページの先頭へ